映画・テレビ

2011年2月 8日 (火)

映画「沈まぬ太陽」 : 2011年2月11日テレビ放映

日本テレビ 金曜特別ロードショー
放送年月日 放送時間帯 映画題名 制作/会社/国
2011年2月11日(金) 19:00~22:54
4時間ノーカット
沈まぬ太陽 2009年/角川映画・東宝
共同製作/日本
原作 : 山崎豊子「沈まぬ太陽」(新潮文庫刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

NHK衛星映画劇場 生誕100年 山本薩夫特集

NHK衛星映画劇場 生誕100年 山本薩夫特集
NHK BS2 
放送年月日 放送時間帯 映画題名 製作年/会社/国
2010年8月3日(火) 21:00~00:03 不毛地帯 1966年/大映/日本
2010年8月4日(水) 21:00~23:32 白い巨塔 1966年/芸苑社/日本
2010年8月5日(木) 21:00~00:33 華麗なる一族 1974年/東宝/日本
共通点 : 原作者 : 山崎 豊子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

飛行機関連のテレビ番組のご紹介(2010年2月5日(金))


NHK総合テレビ
羽田発最終便の物語
http://www.nhk.or.jp/20min/onair/index.html
http://www.nhk.or.jp/20min/onair/20100205.html
放 送 日 : 2010年2月5日(金)
放送時間: 午前0時10分~0時30分 (20分間)

NHK総合テレビの毎週金曜日午前0時10分~午前0時30分に放映されています20分のドキュメンタリー番組の「2月5日(金)」放映分のご紹介をさせていただきます。
放映は、平日の深夜ですが、時間のある方は、ぜひ、鑑賞してみてください。
飛行機の写真を撮って、ブログに飛行機の写真を題材として掲載していることが、きっかけで、当番組の存在を知りました。
番組紹介の内容では、人が主体のようですが、その演出を担うのは、やはり、空港であり、飛行機です。
「羽田空港の最終便」として知っているのは、23:15発北九州行きのスターフライヤー便です。 何と、到着は、25:00。 すなわち、翌日の午前1時です。 都会の終電車並みの飛行機です。 どんな人が利用するかは、非常に興味あります。 使用されている機材は、Airbus A320で、座席数144です。 映画「ハッピー・フライト」で紹介されたように、乗客以外にも飛行機を運航するのに、数多くの職種の方々が関わっています。
ということで、番組をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

山崎豊子原作「不毛地帯」、「沈まぬ太陽」

山崎豊子さんの小説のうち文庫本として発行されているものをすべて読み終わっています。
文芸春秋に連載されていた「運命の人」も中断される前まではすべて読んでいました。
再開されてからは、段々、手にしなくなってしまいました。

山崎豊子さんの作品のファンであります。

「大地の子」、「白い巨塔」、「女系家族」、「華麗なる一族」は、近年テレビドラマ化されて、原作とは違うぞと思いつつ楽しんだことがありました。
  大地の子    : 1995年 NHK
  白い巨塔    : 2003年 フジテレビ
  女系家族    : 2005年 テレビ朝日
  華麗なる一族 : 2007年 TBS

お台場へ東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)で移動する際に、駅に置いてあった「Seaside 東京シーサイドストリー2009年9月号」を手にして、ページを繰っていると、こんな広告ページを目にしました。
また、楽しみが増えそうです。
--------------------------------------

1945年8月、現代が始まった。

フジテレビ開局50周年記念ドラマ
不毛地帯
原作 山崎 豊子 (新潮文庫 刊)
主演 唐沢 寿明
脚本 橋部 敦子
メインテーマ 坂本 龍一
10月放送開始

阿部 サダヲ / 天海 祐希 / 伊東四朗 / 遠藤 憲一
岸辺 一徳 / 小雪 / 佐々木 蔵之介 / 竹之内 豊
田部 未華子 / 段田 安則 / 中村 敦夫 / 橋爪 功
原田 芳雄 / 古田 新太 / 松重 豊 / 柳葉 敏郎
和久井 映見

WEBサイト :
    
http://wwwz.fujitv.co.jp/fumouchitai/index.html
--------------------------------------
上の宣伝内容は、目にした印刷物の丸写しであります。
自分へのメモでもあります。


芸術・芸能ニュースに疎いので、こんな映画も2009年10月に封切りされるのであることを知ったしだいであります。
**************************************
沈まぬ太陽
公開 : 2009年10月24日(土)

製作 : 角川映画 他
配給 : 東宝
監督 : 若松節朗
出演 : 渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、
    松雪泰子、鈴木京香、香川照之、
    木村多江、清水美沙、鶴田真由、
    柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、
    西村雅彦
公式サイト : http://shizumanu-taiyo.jp/
**************************************
沈まぬ太陽」は、日本航空の御巣鷹山の
事故が取り扱われていて、映画化は無理と
思っていましたが、横山秀雄氏原作の
「クライマーズ・ハイ」が御巣鷹山の事故を
題材にしていて映画化、封切りされたので、
いつかはと、期待していた作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

映画「ハッピーフライト」

東宝系の映画館で本日(11月15日)から一斉公開された「ハッピーフライト」の映画をみてきました。

091507nrt_0538_sBoeing 747-400の機体番号「JA8096」の記録映画でもあり、旅客機のフライトを支える数多くのエキスパート、部署が登場して、お互いに協力してトラブルやピンチを乗り越えていくといううたい文句どおり、楽しめます。

飛行機の写真を撮る際に、航空管制官とパイロットのやり取りを航空無線を通して耳にしていますが、 実際の仕事ぶりを映画の画面を通して見られたので、今後の航空無線の楽しみ方が、一枚加わったような気がします。

昨日(11月14日)、同じ会社の人から飛行機の離陸速度を聞かれて、今まで、関心を持っていなかったことで、帰宅後、WEBで調べていました。 この映画の中の離陸シーンで、「V1」、「VR」、「V2」を耳にした時、「予習(?)」をしておいて、よかったなと思いました。 質問をしていただいた方に、感謝であります。

飛行機の離陸速度には、下記の3種類があるとのことです。

1.V1(離陸決定速度)
飛行機が離陸のための滑走を開始し、加速途中でエンジン等のトラブルが発生した場合、離陸を中止できる限界の速度。
この「V1」以上の速度でトラブルが発生した場合は、離陸操作を継続しなければならない。
(これは、停止操作を行っても、滑走路をオーバーランしてしまうため。)
 
2.VR(ローテーション速度(機首上げ速度))
パイロットが操縦桿を手前に引いて飛行機が空中に舞い上げる時の速度。
この速度では、機体を持ち上げようとする揚力が、十分に得られている。
 
3.V2(安全離陸速度)
飛行機が空中に舞い上がってから安全に上昇飛行できる最小の速度。

国際線ジャンボ・ジェット機「B747-400」の離陸速度:
  V1 = 155ノット (286km/h)
  VR = 170ノット (314km/h)
  V2 = 180ノット (333km/h)
      1ノット = 1.852km/h (1時間に1海里(1852m)進む速さ)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

映画「容疑者Xの献身」

3連休の初日10月11日(土)は、朝より、雨後曇りというような空模様なので、映画を見ることにし、映画を見終えた後に天気が回復していれば、羽田空港近辺での飛行機の撮影ができるようにとカメラを持ってでかけました。

東野圭吾氏原作の「容疑者Xの献身」が上映されている木場GATHARIAにあるシネマコンプレックス「109シネマズ木場」へと向かった。 セブン&アイ・ホールディングスの「IYカード」を提示すると、大人料金1,800円が200円引きとなるという特典もあります。

原作を読み終えていたので、10月4日より公開されており、観に行かねば思いつつ、時間が経っていました。

噂どおりというか、原作とは異なる展開や役柄や役割があるので、楽しめます。 終盤の場面を見ていると「涙」が出て止まらない状態が続きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)